線香 仏壇

線香の香りや煙にはどんな意味があるの?

香りは

 

神様・仏様に捧げる供物です。
汚れを祓い、場を清める意味があります。

 

ただし、これは、生きている人からの意味です。

 

では、なくなった人にとっての香りは、どういった意味があるのでしょうか?

 

仏教や宗派によって違いますが、人がなくなってから忌明けまで食べれるものが、「香り」や「煙」だけ、と言われているからです。

 

そのため、忌明けまでは、香り煙を薫くことが大事です。

 

そうなると、忌明けが終わると、もう線香をたく必要はない?

 

 

と思うかもしれません。

 

忌明けとは

 

「なくなった人が、あの世にいったこと」

 

仏教などの世界では、あの世にいったとしても、こちらの世界の声や香りは届くと言われていあす。

 

そのため、仏壇にお寺と同じ仏様が祀られていますし、その仏様に対してお参りするのが基本です。

 

仏様のためにも、個人のためにも、良い香りをたくことが大事です。

 

仏壇にお供えものをすると思いますが、それは、私達が食べる前にその仏様に香りを差し出している意味でもあります。

実際、線香はいつ薫くの?

葬式、忌明け、法事には、お線香を薫きます。

 

 

それ以外でお線香を薫くの?

 

お寺:毎日、朝夕
仏壇のある家:朝

 

 

基本、毎日が多いです。

 

 

ただ、今の家族構成や世代で異なってきますが、毎日続けることが難しいお家もあります。

 

これは、時代とともに変わっていくかもしれません。

 

月命日、お盆やお彼岸、いただきものをお供えする日

 

こういった日は、お線香を薫くのが良いですね。

 

個人を思い出して線香を薫きながら、話しかける。
これが一番の供養だと思います。

宗派によって焼香やお線香の薫き方は違う?

仏教は、宗派によって、お参りの仕方から、焼香・お線香の薫き方が違います。

 

自分と違う宗派だった場合、ちょっと戸惑うこともありますよね。

 

<日本の仏教>

 

・天台宗
・真言宗
・浄土宗
・浄土真宗本願寺派
・浄土真宗大谷派
・曹洞宗
・日蓮宗
・日蓮正宗

 

などがありますが、同じ宗派でも地域によって違う場合もあります。

 

浄土真宗は、全国的にほぼ同じことが多いです。

 

どういった宗派なのか、詳細がわからない場合は、地域の仏壇店に聞いたり、檀家さんや月参りでくるお寺さんにお聞きするのが一番です。

 

贈答用の線香はこちら>